2011年11月10日

11/2〜岩手県大槌町で炊き出しに行ってきました

メダカのがっこうでは11/2〜4に被災地岩手県大槌町で炊き出しを行ってきました。
参加されたNさんより戴いたレポートと現地の方より届いたお礼のメッセージを掲載させていただきます。ぴかぴか(新しい)
Nさん、みなさま、お疲れさまでした!





◆参加者Nさんレポート



5か月ぶりの被災地での活動でした。

震災から7カ月が経ち、日常生活の中で被災地をつい忘れがちになってしまっていた
自分をとても恥ずかしく思いました。

片づけられたままの土地、がれきのごみ山、3月11日に起こったことの大きさを改めて
目の当たりにしました。

ひょっこりひょうたん島を望みながらの炊き出しは本当に気持ちがいいものでした。

棚田の新米おにぎりと具だくさんお味噌汁、水口農場のにんじんをおいしそうに召し
上がるみなさんの笑顔と喜びの声に気持ちがほっこほこになりました。そんな雰囲気の
中みなさんといただいたお食事は最高においしかったです!

安全でおいしい愛情たっぷりのお食事はみんなを幸せに笑顔にし、パワーの源に
なるんだということを改めて実感しました。海と山を両側に持つ赤浜地区は本当に
美しいところです。

みなさんの望むすばらしい赤浜がいち早く復興することを心から願っています。

そして、赤浜を、被災地を忘れず、心で寄り添い、ときには現場でお手伝いをさせて
いただくということを続けていきます。日本の農業・農家さんのための、被災地のための、
メダカの活動のすばらしさも改めて感じました。


参加のチャンスを下さり、長い道中引率してくださったメダカのがっこうの陽子さん、
根本さん、暖かく迎えてくださった赤浜のみなさま、またサポートしてくださったみなさまに
感謝感謝です。

ひとりひとりの、みんなの力を信じてわくわく行動していきましょう!




IMG_6761.jpg IMG_4424.jpg IMG_4661.jpg


◆大槌町からの御礼



大槌町への炊き出し参加ありがとうございました。

集まって来た人たちは少ないようでしたが,反響は大きくて,赤浜の部 落がまた大きく復興への前進を  作るきっかけとなることができました。 皆様の応援に心から感謝致します。
 
見ての通りに,大槌の町は根こそぎ無くなってしまいました。
もうすぐ8ヶ月を向かえようとする時間が過ぎ,復興の兆しを東 北のあちこちで聞きますが,大槌はダメージが大きかったせいか、復興 のプランもまだまだ進んでいないのが現状です。

その中,あの赤浜地区が唯一独自の復興プランを作り動き始めています。
多くの方々の応援を受けながら,力が抜けてしまっていた兄も少しずつ 道のりを見いだし始めているようです。

今回の炊き出しによって,地元の人たちとの交流も進み、多くのヒント が与えられたりしました。

今後とも明確な復興プランを創り上げながら進んでいきたいと思います ので,皆様の更なるご支援をよろしくお願い致します。

全員のかたへメールを出せませんが,お知り合いの方々にもどうぞよろしくお伝え下さい。


皆様のご支援に感謝しつつ、取り急ぎお礼の言葉をおくらせて頂きます。


IMG_4755.jpg IMG_4787.jpg IMG_5367.jpgn


posted by medaka at 14:33| Comment(0) | ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。