2010年10月21日

10/17 若杉友子の野草料理教室

3.JPG



 若杉先生の野草料理の本をきっかけにメダカのがっこうを知った私ですが、以来、お米を購入したり、また六月のおむすび茶屋での梅干し作り教室など、今年は色々とお世話になりました。

 今日のお料理教室も、あっという間の4時間でした。 マコモダケ、多分自分が覚えている限りでは、食したのは始め手かもしれません。癖もなく、生でも美味しくいただけるのにはびっくりしました。もしかするとエグイのかな?とか、案外灰汁が強いとか、癖があるのではなど、見た目でそう思ってしまいましたが、本当に甘く、優しい味でした。

 また、先生の囲炉裏端の本も気になっていたので手にする事が出来て嬉しかったです。

 そういえば、高きびバーグもマクロビの本で眺める事は多々あったのですが、中々自分で作るには想像を駆使しないと分からない代物と思っていたのですが、実に美味しく出来ていたので感動しました。お腹にもたれません。先生の言われるとおり冷えしらずです。私の職場では冷暖房の管理が出来ない場所で、夏は小型ヒーター、フリースのジャケット、ひざかけが必須アイテム、冬場は半袖でも良いくらいですので、体調も崩しやすく、冷えで長年悩んでおりましたが、やはりきちんと食養を知り、対策を採るのが必要だと思います。41になったばかりですが、恥ずかしながら、体調が最悪の歳、であり、年でありますので、今回のお教室は、本当にためになりますし、実践に使えます。自分の身を守らねば・・・と思います。

 また、肉食獣の娘、メタボ、糖尿病予備軍の高齢の母を抱えていますので、台所を預かる兼業主婦として、できる限り体に良いものを食べていきたいと遅れながらも、だいぶ意識が変わってきました。後はどう家族を巻き込むかです。

 今日のマコモダケ、五本購入させて頂き、ひと段落ついてから、早速しぐれ味噌を作りました。 マコモダケの皮をむき、洗濯用のネットにいれて、今屋内で干しています。二本くらいでいいかな、とみじん切り始めたらかなりの量になってしまい、それに合わせて、レンコン、人参、牛蒡を切り、生姜もきりましたら、随分と大量になってしました。牛蒡から炒め始め・・・・順々にやっていき、蒸し煮までは良かったのですが、さて、味噌の量は?どうやって溶くんだっけ?と肝心なところを記入し忘れていて、急いでネットでマクロビのレシピを探し、それに近い形で作り上げました。 これは冷凍して取っておきます、そして友人にも差し上げようと思いまshした。 夜の7時過ぎに作業を始めて没頭していたら、11時近くまで色々とやっていました。一人で千切り、もう明日は筋肉痛かもしれませんが、とても愉しく出来ました。

 今回素敵な機会を与えて頂きありがとうございました。また一家の料理係としては、是非とも来年予定の先生のセミナーにも参加させていただきたいと思います。

 先生、中村様をはじめ、オイスカの皆様、またメダカのがっこうの皆様、当日同じ時間を共有できた参加者の皆様と、とても有意義な時間を過ごせました。 一日家を空けましたが、介護中ですが、励みになりました。どこまで出来るかわかりませんが、高血圧、認知症の母が少しでも、体の状態をよい方向へ持っていけるよう、陰陽勉強したいと思います。

 本日は大変お世話になりました。ありがとうございました。皆様もどうぞお体にお気をつけてお過ごし下さいませ。


※10/17永福町での野草料理教室にご参加いただいたS様より、さっそくのご感想いただきました。
S様ありがとうございました!



posted by medaka at 14:57| Comment(1) | 野草料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は大変お世話になりました。参加者のSです。

今日、たまたま寄ったスーパーにマコモダケ、置いてありました。思わず「若杉先生〜」と思ってしまいました。

まだまだ、しぐれ味噌冷凍庫にあります。玄米のおかずに丁度良いです。しばらくは楽しめます。また、機会がありましたら、来年も是非とも参加したいと思います。 

皆様、ありがとうございました。
Posted by S at 2010年11月03日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。