2008年07月17日

7/9-10 「生きもの調査」初体験は、五風十雨農場。

080709_1.JPG
髭の向山さん
080709_2.JPG
コシマゲンゴロウがたくさんいる
080709_3.JPG
田んぼの中を泳ぐタイコウチ、
お尻の筒を水面に出して息をしている
080709_4.JPG
大江農場の田んぼの生きものを
探している森の幼稚園の皆さん
五風十雨農場は、メダカのがっこうの理事である向山さんが、会社経営を息子さんに任せ、隠居してから始めた農場で、考え付く限りのエコを実現する楽しみの場になっています。

ヤギがいて、羊がいて、今まで見たことのない、でも、とっても懐かしいホッとする風景。年末には、近隣の木材を使った、食事・宿泊できるログハウスが完成予定だそうです。

なんとこの材木は、冬の時期に新月伐採し、葉枯らしをさせておいたものだそうです。こうすると木は千年持つ材木に生まれ変わるそうです。

おむすび茶屋のおにぎり、農場自家製のお味噌・野菜を使ったお味噌汁でお腹をいっぱいにして、いざ田んぼへ。水生昆虫、周辺の植物、こんなに種類があったんだ…、一度に、こんなに沢山の種類のトンボをみたことない! ショウジョウトンボの緋色の鮮やかなこと、オドロキ! 感動!でした。

2日目、大江農場では、森の幼稚園の子どもたちも一緒に「生きもの調査」しました。生まれたばかりのヤマアカガエルがたくさん、脱皮したばかりのやわらかそうなタイコウチもたくさん、オレンジ色のミズカマキリもいましたよ。


posted by medaka at 04:38| Comment(0) | 田んぼ体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。